髪が細い人の対処法とは?

 

髪が細くなると髪の量は同じでもかなりイメージが違います。
健康な太い髪にするにはどうすればいいのか、髪が細くなった原因は何なのかなどをご紹介します。

 

髪が細くなる原因

髪の毛は成長と共に段々と太くて硬くなっていきます。体が成長するのと同じく、髪にも栄養が行きわたって太くなります。子供の髪が大人と違って柔らかいのはこれから成長するからです。
髪は成長から新しい毛が生えるまでに4つのサイクルがあります。しかしこのサイクルが乱れてしまうと、髪がちゃんと成長しないのでだんだんと太い髪が作られなくなり、細い髪が生えてくるようになります。
その大きな原因が、”栄養不足””頭皮や髪のダメージ””乱れたサイクル”の3つで、これらは全て太い毛は作りません。

 

太い毛を作るために

上記で述べた、原因となる状態が長期間続くと、髪が細くなるだけでなく抜け毛や薄毛になることがあります。
そうならないように髪を太くしましょう!
その為に大事となることを3つ順番に説明していきます。

 

食事

髪の毛の成長にはタンパク質が欠かせません。そのタンパク質を補うには食事バランスがとても大事になります。
また、タンパク質だけ摂ればいいのではなくビタミンやミネラル、亜鉛なども必要ですので、タンパク質だけに偏った食事は効果的とは言えません。

睡眠時間

髪は睡眠中に成長ホルモンを分泌させることで成長します。日中に受けた刺激を修復し栄養を与えて成長させています。
睡眠不足では髪の毛のサイクルを狂わすことにもなるので、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

頭皮ケア

頭皮の血行が悪かったり、かゆみなど頭皮にダメージがあると太い髪の毛を育てるための栄養が行き渡らなくなります。
それを防ぐ為に頭皮マッサージやシャンプー類での頭皮ケアをしっかりとする必要があります。

 

  1. こめかみを指でマッサージします。耳の少し上の頭皮を、親指以外の4本で強く上に押し上げるようにします。
  2. 10秒くらい押したらそのさらに上に移動して同じように押します。
  3. 首や肩のコリをほぐします。指で押して痛く感じるところが凝っているところです。強めにゆっくりと押してマッサージします。
  4. 風池のツボを押します。頭の後側、髪の生え際の中心に窪みがありますが、そこから左右に指2本分くらい移動した場所にツボがあります。肩こりにも効果があるツボで、親指で強めに上に押すようにします。

 

どの対処法もすぐには効果が出ませんが、
しっかりと丁寧なケアを行うことで太い健康な髪の毛が生えてくるようになりますよ!